イギリスの荘園風景

M.R.ジェイムズの『銅版画』 (原題 Mezzotint)はどんな話?

あらすじ

M.R.ジェイムズの「銅版画」という作品について、簡単に紹介します。

“絵画・銅版画コレクターのウィリアムズは、一点の銅版画を推薦され購入しました。その絵は何の変哲もなく、大して価値がないように思えましたが、実は少しずつ変化していく銅版画でした。ウィリアムズはその絵の舞台で何が起こったのか、真相を探ります。”

※以前は作品の詳細な紹介文を載せていましたが、著作権侵害の可能性を考慮して、簡略化しました。ご了承ください。

作者の M.R.ジェイムズ について

イギリスの学者であり小説家であるM.R.ジェイムズは、フルネームを モンタギュウ・ロウズ・ジェイムズ といいます。日本では M.R.ジェイムズ と記述される方が多いようです。
イギリスの名門イートン校の学長を務める傍ら、数々の怪奇小説を執筆しました。また、教会、聖書、古書、美術品関係の研究も行っており、彼の怪奇小説もそれらをテーマにしたものが多くあります。
彼の作風は古典的なゴーストストーリーで、大抵は平穏な日常生活を送っている人物が、偶然奇妙な出来事に巻き込まれるという形になっています。

 

 銅版画 とはどんなもの?

続きを読む