占星術

ホロスコープを読むのに必要な用語を知っておこう!

絶対必要!基礎知識・用語編

基礎知識①【惑星記号】

ホロスコープ上では、各惑星は記号で表示されます。

現在、天体としての冥王星は準惑星という扱いになっていますので、「冥王星を惑星に数えていいの?」と疑問に感じるかもしれません。

でも、科学的な定義と占星術的な定義は異なりますので、占星術では冥王星は変わらず惑星として取り扱います。

それに、占星術における冥王星の力はとても強大です。“今の定義では小惑星だから”といって無視することなど、とても出来ない星なのです。

その辺りの詳しい話は、追々していきます。

基礎知識②【アスペクト】

円形のホロスコープ上では、惑星同士の位置が特定の角度になることがあります。それを西洋占星術ではアスペクトと呼び、重要な意味を持つと考えられています。

アスペクトは大きく2種類に分類されます。

  • メジャーアスペクト:強い影響力を持つ
  • マイナーアスペクト:それほど影響が強くない

まずは、メジャーアスペクトを覚えましょう。

惑星同士の角度名称意味
0度コンジャンクション
(別称:合)
ホロスコープ上の惑星同士がほぼ重なった配置。
お互いが持つ意味を強調し合う。
180度オポジション
(別称:衝)
惑星同士がホロスコープ上の惑星同士が対角線の正反対になる配置。
強い緊迫状態を表す。
120度トラインホロスコープ上の惑星同士が120度離れた配置。
広がりや幸運を表す。
90度スクエアホロスコープ上の惑星同士が直角になる配置。
困難と障害を表す。
60度セクスタイルホロスコープ上の惑星同士が60度離れた配置。
120度のトラインの半分の角度になるので、作用も半分で緩やかな発展や幸運を表す。

続きを読む

西洋占星術を始めてみよう!

【占星術ってなに?】

「星占い」はよく聞く言葉ですが、「占星術」は聞き慣れないし、ちょっと堅苦しい感じがしますよね。

あるいは、魔術のようなイメージがあるかもしれません。

占星術とは、星の並びから意味を読み取るもので、テレビや雑誌の星占いよりも、ずっと細かく深い内容を知ることが出来ます。

元々は、天文学や心理学と結びついた、一種の学問でした。実は奥が深いものなんですね。

占星術では、その人の本質、人生の目的や前世からの課題などを知ることができます。うまく読み解けば、未来を知ることさえ可能と言われています!

続きを読む